『科学が成すことは必ずしも人類のためになるわけではない。あらゆる発見は善でも悪でもなく、結果は創造にも破壊にもなり得る。しかし、それは科学のせいではない』
ー アーサー・ガルストン 



あなたが今一番お金を使っているものはなんですか?



好きなことにお金を払っている人もいれば、これがないと心配だと思うものにお金を払っている人もいます。


その使われ方と同じように自分のところにお金が返ってくるとしたら、どんなものにお金を使いたいと思いますか?



嘘みたいな話かも知れませんが、これは自分が誰かからお金をもらおうとしたときに大きなハードルになる場合があります。


お金の使い方、お金のもらい方、お金の回し方。


多くの人がこれからお金のために多くの時間を使い、お金を使って多くの時間を得ていくでしょう。



僕もたぶんそうだと思います。



だからこそ、このお金についてちゃんと向き合わなければいけないのではないかと教えてくれたのは女将でした。


女将と岩手から大阪までの長い長い道のりで話したお金の話について振り返っていきます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





どーも。みなさまご無沙汰しております。

なんやねん、その文体はって感じですが、もともとこの記事をどうやって公開したものかと悩んでいたんですよね。

最初はnoteに投稿しようとして、それっぽい文章をつけて、それっぽい文体に整えようとしていましたが、久しぶりにこっちの方で書いてみたいなと思い、一時的に文体変えたやつをいれてみた次第です。


ここ一年間、いや生まれてからずっとなのかもしれませんが、お金についてかなり悩んできました。


特に、大学に入ってからの5年間。

運の流れやお金の流れが悪くなると、他人を責めて、その責める自分に対してものすごく嫌悪感を感じて、さらに運の流れやお金の流れが悪くなる悪循環に悩まされ、最終的に一番やりたくないはずのやり方で人からお金を取ろうとして、人間関係がこじれてしまうことが何度もありました。



もう、いいかげんそういうのはやめたいし、これのせいでお金について考える度にもう死にたくなるんですよね。



だけど、この二週間くらい女将と一緒にずっとお金について話し合ってきました。


基本、お金の話をしだしたら、鬱になって死にたくなるし、お金がない原因に目の前の人が少しでも関わっていれば5秒に1回○ねって思うから、ドードードーと自分を落ち着かせるために自己反省モードに突入すると、さらに死にたくなる悪循環に陥ってしまいます。

だけど、女将と話している間はある程度お金の関係を持っているものの、不思議とそういう気分にはなりませんでした。


やっぱりこれは僕が女将のことを大好きで、女将が僕のお金の問題をおもちゃにして遊んでいたのが大きいですね。




目次

1.そもそもお金ってなんだろう?

2.お金を稼ぎ続けることが辛いワケ
3.僕たちはどんなことにお金を使ってる?

4.「明るい」お金の流れを実現させるために


1.そもそもお金ってなんだろう



お金って、多くの人にとって何かと交換するためのツールでしょう。


僕もそう思います。

交換ツールとしてのお金は現代において最高のツールの一つとも言えて、価値が比較的安定していますし、多くの人から信頼を集めているので、ほぼほぼ差し出せば交換してもらえます。


しかし、それだけかと言われたら、多くの人は「No!」と答えたくなって、あれこれ語りたくなりますよね。お金2.0がブームですし。


女将と一緒に話してみたら、こんな感じでした。



無題のプレゼンテーション



「お金とはなにか?」って人間に語らせれば、だいたいカッコつけた言い方をしちゃうので、あまり参考にはなりません。


ですが、今回に限っては女将が上げている
「お金はエネルギー」であり「使うときに自分がどう感じているかで帰ってくるエネルギーの質や量が変わる」を採用しようと思います。



もう少しわかりやすい言い方をすると、お金を受け取るときの気分とお金を払うときの気分は全く同じで、お金を払ったときに気持ち良い意識がなければ、お金をもらうことにあまり良い気分になれなくなってしまいます。


IMG_0932


でも、お金を使うときにそうそう嫌な気分になることって少なくない?

そう思われる人は少し自分の胸に手を当てて考えてみましょう。



仮にこの図のように、使っているときは楽しい気分になるけれども、それを払うときになって嫌な気分になったり、後悔したりしませんか?



一瞬そのときでは、お金を使って気分になるけれども、あとで嫌な気分になるとしたら、それはあまり良い使い方ではないのかもしれません。
IMG_0934




こうして、あのときの後悔を取り戻すようにお金を稼いで、またお金を使って後悔してを繰り返してみると、なんだかとっても嫌な感じになってくるでしょう。


そうなると、お金に対するさらに大きな病気を発症することになります。



2.お金を稼ぎ続けることが辛いワケ




あのときの後悔を取り戻すような稼ぎ方をして、そこで溜まったストレスを発散させるためにお金を使う地獄を繰り返していると、そのうち余計なお金を払いたくないと思うようになります。


無駄金を使うまいと考えると、お金を取られることで嫌な気分になるようになって、もし自分がお金を取るとなったときに、とても心苦しい気分になってしまいます。


そうすると、必然的にお金を稼ぐことそのものが悪であるかのように思えてしまうのです。

さらに、生活が困窮してくると今度はわざわざ自分にお金を払ってくれる人に向かって「なんで、もっとくれないんだ...!」とも思ってしまうことも....!



実を言うと、僕これの重症、すなわちドケチで、何かにつけて節約方法を探しているようなタイプです。


そういえば、このブログのスタートもそんな感じでしたっけ?


もう、潔いくらいにドケチですよね。たぶん、家賃がもったいないからという理由でホームレスブログ始めたのって僕くらいじゃないですか?


女将と一緒にガストに行ったときに、注文したドリンクバーとデザートがセット料金にならなかったことから、店員にめちゃめちゃ文句を言っていたり、学割証は常に何枚もストックしていたりと、一切の抜かりがありません。


なにか外食を食べに行っても、「これって、こういう風にすれば自分で安く作れるよね」と考えてしまう性格なのです。


さらにマズイことに、「どうせ金持っているんだから、金のない俺にくらい割引してくれよ」などと横暴をかましていたりします。


もう、とにかくお金を払わなければいけないことが辛く、光熱費とか家賃に関しては生きているだけで払わなければならない罰のようなお金と思っていて、自分で払うのが本当にしんどいです。


なので、お金稼ぎそのものが悪いことのように思えてきて、継続的にお金を取り続けたりすることが辛いと感じるようになります。

IMG_0938

結局、利害も何もないようなどーでもいいような人からとるお金は楽で、だからこそ何者に払っているのかわからない場所にお金を払うのが辛くて辛くて仕方がありません。


「ああ、お金さえ取れれば誰だって良くて、僕が一銭でもお金を払わなかった瞬間に縁を切り始めるんだね」



「この人にお金を払わないと、縁を切られちゃう..!!」

みたいにメンヘラっぽいことを思ったことはありませんが、昨日まで使えていた電気とかWi-Fiとかガスとか携帯の電波が止まるとどうしてもそう思っちゃいますよね。

ちなみに、僕は全部止まったことがあります。



とは言えど多くの人にとって、お金がなさすぎてこの辺のものが止まることってあまりないと思います。

止まるんじゃねえぞ....


ただ、お金に困っていると言うか、お金がないって人はいると思います。


でも、今の給料が安い!と思っている人はかなり多いのではないのでしょうか?


そんなときこそ、胸に手を当てて考えてみてください。


自分が何にお金を使っているのかを?



3.僕たちのお金はどこに消えた?




そもそもお金はどこに消えていくのでしょう?


前の章で書いたような、生きているだけで払わなければならない罰のようなお金もあると思いますが、そもそもそれって何ナノ?って話です。


パッと思いつくのは
・食費
・交通費
・家賃
・電気代
・ガス代
・水道代
・通信費
・家電とか買うお金
・娯楽費


などでしょうか?


どれも生活に必要なものばかりですよね。

だけど、中には


保険料
授業料
とかもあって


それを契約している理由がもし将来に何かが合ったときに不安だからってお金だと思います。


広告やマーケティングの本なんかを見ても、相手が必要だと思っているものほど売れやすいと書いているのですが、果たしてそれは本当に必要なものなのでしょうか?


単純に不安を煽られてしまって、そこにお金を払い続けてしまっているだけなのではないのでしょうか?



IMG_0940




人間、どんな人にも欠点があるし(欠点だと思いこんでいるし)で、そこを責められれば、誰でもつい「ああ、やっぱり自分はだめなんだ.....」と思い込んでしまうことがしばしばあります。

なので、ついつい責められたところを改善しようとしてしまったり、わからないことで不安になってしまうことが大いにあると思います。



ただ、自分の欠点を殺すためだったり、目に見えない不安にお金を払っているとしたら.....



やっぱり、お金を受け取るときにも不安ばかり感じられるのではないのでしょうか。



というか、ここ最近、不安を煽るようなマーケティングばっかで嫌になってきます。まあ、今も昔も変わらずですが。




僕の場合、支出の大部分が他人を心配させないための出費でした。



例えば、家を借りたのは親にどうしても住んでほしいと言われたり、会社に通勤するためだったりで、携帯代なんかは電話がつながらないと不安に感じてしまう人が多かったためです。


僕自身はホームレス生活を半年もしていたので、自分の家がないことにわりと慣れています。大学に通わなければいけなかったので、嫌いな東京にい続けなければいけないから病んでしまいましたが。


電話に関しても、そう急ぎもしなければフリーWi-Fiでまあなんとかならないことはないかって感じですし、風呂に関しても適当な大学に行けばだいたいタダで使えるものです。


一人の空間に関しても、適当なところでテントでも張っていればいいやって感じでした。


そんなわけで、それらがなかったとしても大して困る問題があまり思いつきません



IMG_0937



もう、こういうのにお金を使うのはやめよう。うん。




4.明るいお金の流れを実現させるために




今のところ、お金に関してあまり良い話をしてはおらず、どこまでも「生きるためにいくら必要か?」みたいな軸で話していて、やっぱり明るい気がしない。


なら、明るい方法でお金を稼げばいいじゃない!!!

IMG_0935
と言っても、明るい気持ちでお金を受け取って、明るい気持ちでお金を送り出してやればいいいんだと思う。

いや、もう一周回って、生きているだけでお金稼げるくらいがいいんじゃない?って思ってきた。






IMG_0947



かといって、女将が言っていたように、お金自体はかなり余っていると思う。


なぜなら、みんな貯金していて、貯金している間のお金はあまり動かない。


もちろん、銀行とかが勝手にそのお金を使って、株を買ったり、お金を貸したりしているから、ある意味回っているのかもしれない。


逆に、銀行の金の使い方みると、案外お金にとってはそのお金が誰のものかどうかっていうのはどうでもよくて、いつでもみんなが取り出せたり、投げ込めたりするような世界戦なのかも知れない。


それがもっと個人レベルでやってみれば、理由もなく人にお金をあげて、理由もなく人からお金をもらうことなのかもしれない。







もう、迷走しまくりな文章なのはわかっている!!!だって、この文章を書くのに3日もかけて、さらにまだまだわからないことだらけだから、もうこれが理想だと思ったものを実現させていくしかないのだ!!!!!




というわけで、今ある全財産5万円のうちの2万円くらいを理由もなく僕の好きな人にあげることにした。















ちなみに、母にも2000円ほど渡してみた。


もらった人は正直「え??」って感じだったらしいですけど、なんやかんや面白がったり、テンション上がったりしてるのがまた面白い。


不思議なことに、雑にパパーっと2万円使ったのに、思いの外気分が清々しい。

なんやこれ、理由もなく人にお金使うのってなんか楽しいじゃん!!!!!






僕のお金観にに対するアップデートはまだまだ続いていきます。

ちなみにこの文章、なんやかんやすごい量になって、ひたすらボツ作が量産されています。









ちなみに、合計18000字ほど。

もう、いろいろありすぎたんですよ。



でも結局、僕らが生きるために必要なものにお金が関わる以上、ただ生きているだけで需要と供給を作り出している素晴らしい存在なんですよ。
IMG_0947


なので、雑でもいいから、そこに価値をつけていきませんか??


そして、案外この遊び楽しいし、飯を奢るよりもかなり喜ばれることが多いですよ!!!



さあ!!みんなもレッツトライ!!!!







P.S



せっかくなので、なんとなく僕にあげたくなった人用にLINEpayのせときます。

my_qrcode_1545992767983
LINEID:hoku3373